スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012/05/03 タイマンボドゲ会

書きたい事はたくさんあっても書いてる暇がない。辛い所です。
時期はずれになったとしても、一応書いておきます。

05/03はらいらい氏の呼びかけによりタイマンボドゲでした。


ダンジョンクエスト




◎05/03 らいらい氏とタイマンボドゲ


らいらい氏より「誰か遊べませんか~?」とお声が掛かったので、夜から急遽ボドゲ会。
が、メンツが集まらずらいらい氏と2人でボドゲをする事にw
ダンジョンクエストを濃くプレイしたかったので、ある意味ちょうど良かったかもしれませんw

まずはダンジョンクエストをプレイ。
ダンジョンクエストを3行で説明すると・・・

1.ランダムにタイルを引いて道を作る!
2.無敵のドラゴンが守る宝物庫まで行って宝物GET!
3.制限時間内に無事生還する事!



生還率80%! 100%運のマゾゲー!
というと面白くなさそうですが、これが不思議と面白いのです。
クソゲーと言う人も居ますが、違います。
これは愛すべき死にゲーですw 滅びの美学!
1人プレイも出来るのですが、準備が割と面倒なんですよね。


 1.ボードの準備
  112cm×112cmの大きさのボードをテーブルに広げます。

 2.カードの準備&シャッフル(これが一番時間が掛かる)
  迷宮探索で使う8種類のカードの山をそれぞれをシャッフルして所定の位置に置きます。
  他にもゲーム中1回だけ使える魔法を決めるルーンカード。
  戦闘をする際に使用する戦闘カード。
  ドラゴンが目覚めるかどうか判定するドラゴンカードをシャッフルし、側に置きます。

 3.モンスターの準備
  モンスタートークンをモンスター別(4種類)を種別ごとに置きます。

 4.キャラクターの準備
  冒険者のステータスが書かれているキャラクターシート、カタコンベマーク、フィギアを用意します。

 5.その他の準備
  時間経過を示す日没マーカー、判定ボーナストークン、ダイス、タイルの入った袋を用意します。

キャラクターを決めて、フィギアをダンジョン入り口に置けば準備OK。

準備が出来れば後は簡単。
タイルを引いて、ボードに置いて、タイルの効果(カードを引く等)を発動させるだけです。


らいらい氏はゲーリン(運が良い魔術師のおっさん)。
私はタチアナ(アマゾネス)でスタート。


さぁ、運命の第1歩!


私が引いたタイルは行き止まり!
うん、残念。まぁ、引き返せば良いだけです。
タイルの指示はダンジョンカードを1枚引く。
引いたカードは…「振り子の刃」


どういう効果ですか?

アーマー値の能力判定で失敗したら死ぬ

能力判定って何ですか?

サイコロ2つ振って、キャラクターのステータス以下の目を出して下さい。

私(タチアナ)のアーマー値は?

4です

…4以下を出せなければ?

死にます

…。

………。

………………。

成功するわけねー!



ダンジョンクエスト



案の定、10の目が出て死にました。orz
後はらいらい氏がダンジョンで苦しみながら死ぬのをじっと待つだけでした。

2戦目は二人共宝物庫へ辿り着く前に死亡。

3戦目。
らいらい氏が宝物庫で12,000超の宝物をゲット!過去最高の記録!
その宝物の中に「宝物庫でサイコロ2個振って、2が出たら死亡、12が出たらダンジョン脱出」というがありました。
宝物庫に入るとドラゴンが起きてしまい、宝物が0になってしまうかもしれません。
彼は挑戦しました。
まずはドラゴンカードを引いてドラゴンが目を覚ますかチェック。
1/8の確率でドラゴンが目覚めて宝石もろとも灰になりました、合掌。
私ですか?120のしょぼい宝持って逃げましたが何か?
生き残れば正義です!


続いてエピデミック6枚入れてパンデミックを3戦。
詳細は忘れてしまいましたが、ボカンボカンとアウトブレイクおこして全敗。orz

リベンジを誓いつつお開きになりました。

この日の教訓:アフリカ舐めてたら世界が滅ぶ



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

三月

Author:三月
2011年7月からボードゲームに手を出した新参者です。
仲間との時間が合わずに主にソロプレイ。
と、友達が居ない訳じゃないんだからね!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。