スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パンデミック 拡張1 絶体絶命

アグリコラソロプレイのレビューをリクエストされてますが、ちょっと先にこちらの方を。
ようやく再販されたパンデミック拡張1を購入できました。

パンデミックがどういうゲームかはこの辺の日記で軽く説明してますのでご参考まで。

パンデミック拡張全景





んで、拡張の内容。
まず、

◯新たな職業が7枚 + 強化されたカード1枚の8枚


追加役職

●標本管理者(手札上限8枚、アクションを使って捨て札から現在地のカードを回収)
●防疫の専門家(同じ色の病原体が2個以上ある都市へ行った時、その中の1個を取り除く)
●疫学者(自分のターンで1回。同じ場所にいるPLから好きな都市カードを1枚受け取る事ができる。)
●現地調査員(1アクション使って都市の病気コマを1つ保持。保持した病気コマ3個+カード3枚でワクチン完成)
●ゼネラリスト(アクション+1)
●トラブルシューター(感染カードの山札を見る+直行便移動がカードの公開だけで良くなる)
●バイオ・テロリスト(病原菌をばらまく役職。プレイヤーの敵となります。詳しくは後述)

強化されたのは下記役職
●作戦エキスパート(基地作成+基地で任意のカードを捨てる事でチャーター便移動ができる)

どの役職も癖があって楽しそうですw
特にバイオテロリストを導入したゲームが楽しそうなので早くプレイしたいところです。


◯コマもミニサイズに


今までのコマサイズは若干大きく、3人以上同じ場所に居るとキュウキュウでした。
コマが小さくなったお陰で、若干緩和されると思います。

新しいコマ


◯スペシャルカードが8枚追加。


プレイヤーの手助けをしてくれるスペシャルカードが8枚増えました。詳細は省略。
基本の5枚と合わせてこれでスペシャルカードは13枚になりました。
でも、1ゲームで全て使わわけではなく、使うのはランダムに選出したカードです。
具体的にはプレイヤー人数×2枚をランダムに選出して使う事になります
(2人プレイだと4枚に減っちゃいますが、3人プレイだと6枚に増えます)。

追加スペシャル


◯エピデミックカード1枚


7枚目のエピデミックカードを追加する事により超マゾい難易度伝説級のゲームが出来ます。


◯3つのチャレンジルール


猛毒株、変異種、バイオ・テロリストという3種の追加ルールで遊べます。
どれもゲームの難易度を上げるものになりますが、それぞれ特色があります。


◯猛毒株のエピデミックカード8枚


猛毒株

エピデミックに性質の悪い特殊能力を与えた猛毒株のエピデミックカードです。
通常のエピデミックカードと交換して使います。
ゲーム中、猛毒株エピが最初に出た時に、MAP上の病原体コマを参照します。
その時、一番多い病原体が猛毒株になります。

そして、猛毒株エピの特殊能力で猛毒株の病原体が凶悪化します。
例えば、病気コマ1個しかない所に追加で1個ずつ置く。
治療薬発見に必要なカード枚数が1枚増える。
根絶させても復活する...etc

ゲームの難易度がグンっと上がります。


◯変異種(イベント3枚、出現2枚)


変異種

5種類目の病原体が出現します。
感染の仕方が特殊で、最初は感染カードの捨て札置き場にカードがあります。
エピデミックが発生すると捨て札が戻りますので、そこから感染が始まります。
または、プレイヤーカードの山にも混ざってますので、そこから感染するかもしれません。
感染処理フェイズで紫のコマが乗った都市が出ると、紫のコマも増えます。

増え方自体はゆるく感じるかもしれません。
が、この紫の病原体コマは12個(通常は24個)しかありません。
病原体コマが全部MAPを上にあって、更にその病気が増えた時、プレイヤーの敗北になります。
つまり、病原体コマ切れで敗北しやすいのです。

この病気のワクチンを作るには、調査基地で手札5枚(色不問)捨てれば作れます。
ただし、5枚の内1枚は紫のコマが乗った都市でなくてはいけません。
一見簡単そうですが、MAP上に紫コマが少なければ材料となるカードも少ないですし、
MAP上に紫コマが多ければ、それだけ敗北に近いという事です。


◯バイオ・テロリスト


バイオテロリスト

プレイヤーの一人が人類の裏切り者になります。
バイオ・テロリスト(BT)になったプレイヤーは
他のプレイヤー達の勝利を邪魔するように、紫の病気をバラ撒きます。

普段BTは盤面上に姿を表しません。
BTの行動は記録用紙に記入して行います。
BTは他プレイヤーとはアクションが全然違い、使うカードも感染カードを手札にします。
カードを捨てて移動したり、地方に病気をばら撒いたり。

紫の病気コマがMAP上にある状態で、プレイヤーが敗北したらBTの勝利です。
BTの存在によってゲーム内容がガラリと変わります。

注:
バイオテロリストの行動するタイミングですが、
日本語説明書には『プレイヤーチーム全員のターンが終了した後』とありますが、
このゲームの作者であるTom Lehmann氏がBoardGameGeekというサイトで
『各プレイヤーの後に活動する』事を明言しているようです。
参考:パンデミックFAQBoardGameGeek該当回答個所

『after every player turn』という書き方ではなく、
『after all player turn 』か『after each player turn 』と書いて欲しかった…。


という訳で、今度は拡張含めてプレイしてみましょう!




パンデミック 日本語版パンデミック 日本語版
(2009/08/01)
ホビージャパン

商品詳細を見る


パンデミック拡張セット「絶体絶命」日本語版パンデミック拡張セット「絶体絶命」日本語版
(2009/08/01)
ホビージャパン

商品詳細を見る

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

三月

Author:三月
2011年7月からボードゲームに手を出した新参者です。
仲間との時間が合わずに主にソロプレイ。
と、友達が居ない訳じゃないんだからね!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。