スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012/09/22 ボドゲ会

何となく予定が空いたのと、タイワンスナックバーをプレイしたかったので招集してみました。


◎2012/09/22(土)ボドゲ会


120922_2206~01

本日のメンバー:リーダーA氏、しんしん、私の3人
お付き合いいただきありがとうございます。

プレイしたゲームは以下の3ゲームです。

・ラブレター×α戦


・タイワンスナックバー×3戦


・マンマミーア×1戦



ややパーティーゲーム寄り。
そして食い物系ゲームで微妙に腹の減るラインナップw




◎ラブレター


しんしん曰く。
 「ブログで熱く語ってたけど、どんなゲームなのよ?」
というのでラブレターで口火を切る事に。

120922_2145~01
 「写真を取るとはいい手なんだろ!と言われましたが、いやいや、ただ撮っただけですw


軽く説明して取り敢えずやってみる事に。
さっくり1ゲーム終了。

 し 「え?こんなあっさりなの?これで72戦とか馬鹿じゃないの?」
 私 「まぁ、まぁ、もう1戦行ってみるか?」

と数回勝負を繰り返すと、何か見えたらしく

 し 「ああ、何か分かった気がする。このゲーム面白いな!」

とご理解いただけた様子w

 リーダーA氏 「これは良いな、酒飲みながらやりたい!」

exactly.jpg
Exactly(その通りでございます)



個人的に何か賭けてもおもしろ…ゲフンゲフン。



下手すると、またラブレターオンリーになりそうなので面白さを理解して頂けた所で次のゲームを出しましたw



◎小吃大胃王



『タイワンスナックバー』だとか『小吃大食い王(シャオチーおおぐいおう)』だとか『屋台料理大食い勝負』とか呼ばれてるゲーム。
公式の日本語タイトルは小吃大食い王みたいですね。
まぁ、タイワンスナックバーの方が言いやすいし覚えやすいですけどw

120922_2230~01


スリーブのメーカーとして有名な台湾の会社、スワンパナシアが出したゲームです。
可愛い姑娘(クーニャン:若い娘さん)の絵が特徴的。

プレイヤーは『台湾の屋台街で開催された大食い大会の出場選手』という設定です。
可愛い姑娘(クーニャン)がどんどん料理を運んできます。
胃袋に自信があればその料理を平らげ、自信がないなら他の人に料理を押し付けて、
最後までテーブルに着いていれば勝利というゲームです。

ゲームシステムを説明するとドロー系だらけのUNOを想像して頂ければ半分当たってます。

手番が来たらカードを出すか、引くか決めます。
手番で出来る選択肢は以下の4つの行動。

 1.場にあるカードと同じカードを1枚出し、引く枚数を増やす。
 2.特殊カードを出す。
 3.手札にある同じカードを2枚出して場の数字を一旦リセットする。
 4.場にあるカードの数字分(累積)カードを引く。

誰かがカードを引いた場合、場はリセットされます。
場にカードがない場合はカードを出すしかありません。

目標は手札をなくす事ではなく、
山札に仕込まれてる『吃不下(もう食べられません)』カードを誰かに引かせる事。
これを引いたら減点1。
誰かが減点3になったらゲーム終了です。
減点が最も少なく、その中で手札が多い人が勝利となります。

UNOっぽいですが、実体はチキンレース。
手札が多い方が有利ですが、いつ、または何枚まで山札を引くかジレンマが良い感じです。

ゲーム中盤。A氏が減点1、私が減点1になった直後。

 し 「6。手札少ないんだからこのくらいならカード引いても良いでしょ?」
 私 「ん~…6を出して12。」
 A 「もう一皿追加で13」
 し 「ちょwwwおまwww13!? マジで!?」

手札が少ないしんしんは回避できない様子。

 し 「だけど、これ引ききったら勝ちだよな!」
 私 「勇者と認めよう」

1、2、3、4、5…11、12、13! 無事引ききった!


761.png
本日のMVP

見事に引き切りやがりました。
しかも特殊カードてんこ盛りで。

 し 「それじゃ三月さん臭豆腐(2)どうぞ。」

と私に対してそっと臭豆腐(2)を差し出してくるしんしん。
(カードを引いた直後、即座に1枚カードを出すというハウスルールを適用してました)

2枚か…手札少ないしな…2枚なら当たらんだろう…引くか!

1枚…「吃不下(もう食べられません)」

ぐふっ…! orz
yamutya.jpg
これでA氏減点1、私減点2、しんしん0。



 し 「よっしゃ!後は三月さん沈めたら俺の勝ちでしょ!」

宣言通りしんしんが勝利致しました。orz ガッデム!


小さい数字の2の臭豆腐が意外と使い勝手が良かったのが印象的。
特に手札に臭豆腐が2枚あると安心しますw

何十枚とドロー枚数が累積した後に、臭豆腐×2でリセットをかけると、
「2枚くらいなら引いても大丈夫じゃね?」と相手が油断してくれますし、
よしんばまた巡って来たとしても3人プレイなら2+2+2=6枚ドローで済みます。

まぁ、この『引いてもいいかな?』という枚数は大概ですけどね。
ええ、2枚でも当たる時は当たります。

個人的にガチガチに勝利を目指すのではなく、ゆる~く遊びたいゲームです。
勝者を決めるよりも、ごきぶりポーカーみたいに負け決めのゲームにした方が面白いような気もします。



◎マンマミーア


次に取り出したのがピザ職人になってピザを作るマンマミーアというゲーム。
食い物系が続いたのは偶然ですw

120922_2318~01

名作ゲームなのですが、説明しにくいのが唯一の難点。
頑張ってマンマミーアを3行で説明!

1.各自手番で材料1種類を釜に放り込んでは手札を補充する。
2.必要な材料が揃ったと思ったら材料の代わりにレシピを放り込む。
3.材料の山札が無くなったら釜にある札を全部ひっくり返してレシピが完成してるかチェック!

(2013/04/28 訂正:レシピを入れる時は材料を入れた後でした。)

というゲーム。
より多くのレシピを完成させた人が勝ちです。

誰が何を放り込んだか覚えておく記憶ゲーム…っぽいゲーム。
『っぽい』というのは完全に覚えてなくても良いから。
ピザ焼き(レシピチェック)の時に、足りない材料は手札から出せるのです。
レシピが完成しなくても特にペナルティは無いですし、
適当に『そろそろ完成するんじゃね?』くらいの感覚でレシピを放り込めるので
プレイした感覚は非常にゆる~い感じです。

レシピを誰かが釜に放り込む度に
 「あー!次で入れようと思ってたのにー!」
と別の誰かの悲鳴が聞こえて

ピザ焼き(レシピチェック)の時には
 「サラミが足りねー!」
とかやっぱり悲鳴が聞こえる楽しいゲームですw

今回の勝負は、しんしん5枚完成、私とリーダーA氏は6枚完成。
手札の数で遅れを取り、今回はリーダーA氏の勝利となりました。

なんというか、こちらもガッチガチに勝負という感じではなく、
ゆる~く遊べるとても良いパーティーゲームです。
非常に楽しい。時間があればもう少しプレイしたかったです。




という所で、リーダーA氏の帰宅時間となったので解散となりました。
突然な招集にも関わらずお付き合いいただきありがとうございました!
特にリーダーA氏は翌日は娘さんの運動会とかで朝早かったのに…w


さて、次回こそはR-ECOをプレイしたいけど、
今回プレイしたゲームたちも楽しかったのでまたプレイしたい。
とにかく時間がほしいなぁ…とw
また、ご連絡いたしますので、その時はよろしくです。





  

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

三月

Author:三月
2011年7月からボードゲームに手を出した新参者です。
仲間との時間が合わずに主にソロプレイ。
と、友達が居ない訳じゃないんだからね!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。